代表あいさつ

「ものづくりの精神」を大切にして
常に“今よりも一歩上”を目指す

私たち京都樹脂は、1941年に鼈甲で“かんざし”や“帯留”をつくる会社として創業し、60年以上前から樹脂加工をメインにした、商業施設の什器、商品陳列ケース、サイン・看板の製造、さらに店舗のディスプレイ・内装などを手掛けています。
当社が大切にしているのは、創業以来受け継がれている「ものづくりの精神」。
クライアントさまのニーズやご要望にお応えするのはもちろんのこと、安全性や使いやすさ、そして店舗やイベント会場にお越しになる方々の視点に立った、きめ細やかな“ものづくり”を心がけています。

また近年は、当社の技術力と西陣織の感性を融合した、オリジナル『織鼈甲(おりべっこう)』の製造・販売を展開。さらに、店舗やイベント会場をトータルプロデュースするインテリアメーカーを目指して、今に満足することなく、技術力・デザイン力・提案力の向上に努めています。
これからも、すべての方の心に響き、喜んでいただける “ものづくり”に邁進してまいります。

shacho

基本理念

ビジョン

人々から好かれる日本最高のインテリアメーカーとなる。

ミッション

ものづくりを通して人々の喜び幸せに貢献する。

7つの価値観

  • 全てに感謝し、謙虚でいる。
  • 何事にもプラス思考でいる。
  • 陰口や愚痴を言わない。
  • 人の気持ちが解る 思いやりある人になる。
  • 他人ではなく目標を見る。
  • 自己成長し、人のためになる。
  • 身近にいる人を大切にする。

5つの行動規範

  • いつも笑顔で対応する。
  • 言い訳ではなく、出来る方法を考える。
  • 問題は環境や他人ではなく、自分のせいと考える。
  • ものづくりの仕事を楽しみ、新たな変化を創り出す。
  • 「成果」を出す。
 

沿革

昭和16年
(1941年)
京都市工業研究所の指導のもと、有限会社 東和工業所として創立。

昭和17年
(1942年)
日本化成株式会社黒崎工場の海軍技術本部等の命により、有限会社都工業所に社名変更。

昭和19年
(1944年)
川崎航空機工業株式会社や国際航空機株式会社の協力工場となり、主として航空機の部品製造加工に専念する。

昭和23年
(1948年)
戦後、可塑性プラスチック、硬質塩ビ板、スチロール樹脂等の成型加工を主とした樹脂総合成型工場として、株式会社京都プラスチック工業所と改称。

昭和29年
(1954年)
京都樹脂株式会社に組織変更し、資本金250万円とする。

昭和37年
(1962年)
資本金を1,000万円に増資。

平成16年
(2004年)

久御山町西一口に商品管理・物流業務を拡充するため、南支店を新設する。

概要

会社名 京都樹脂株式会社
設立年月日 昭和16年(1941)
代表者 末松 靖子
本社所在地 京都市下京区西七条名倉町29
連絡先 TEL:(075)312-3741
FAX:(075)311-8481
資本金 1000万
事業内容 アクリル樹脂加工  金属加工  木工製品・別注家具製造
サイン制作(大型インクジェット)出力加工 屋外大型看板
店舗内装工事 販売促進什器企画製造販売