logo_oribekko

京都伝統工芸の西陣織とアクリル樹脂の一体感、京都発の新素材

砂子地に鳳凰牡丹
すなごじにほうおうぼたん

 

砂子は金銀箔を細かく粉にしたもので蒔絵・襖紙などに使われる。鳳凰は空想上の鳥の名で、中国では麒麟・亀・龍とともに四瑞と呼ばれ尊ばれている。

itemimg01

itemimg02

唐草に鳳凰
からくさにほうおう

 

唐草は奈良時代に渡来し、その後有職文様にも用いられた。蔓草の生命力を発展に結びつけて一種の吉祥紋様として使われている。


二重蔓牡丹唐草
にじゅうつるぼたんからくさ

 

名物裂の一つ、日本の線を並行させて蔓表した二重蔓唐草と牡丹をあしらった金襴。 

itemimg03

shusumuji

繻子無地
しゅすむじ

 

織物組織の一つで、経糸のみが表に出ているように見える密度が高く厚みはあるが柔軟性に長け光沢が強い。


亀甲花菱
きっこうはなびし

 

亀は鳳凰と同じで四瑞の一つで、日本でもめでたい生き物として扱われている。亀の甲羅を形どったこの紋様は、家紋や神社の神紋として用いられている。

itemimg05

itemimg04

七宝花菱
しっぽうはなびし

 

同じ大きさの円を4分の1ずつ重ねて繋いでいく紋様。円形は円満を表すことから縁起の良い吉祥紋様。